事前情報で見るべき部分

賃貸住宅を検討する場合、内見する前にチェックできる項目があるので、不動産屋で確認しておきましょう。まず、築年数が重要です。建物が古ければ壁や床に傷みが生じる可能性が高いからです。特に、1981年6…

賃貸物件を探す過程では、気になる部屋があるとすぐに内見に行きたくなりますよね。しかし内見したい物件がたくさんあると、移動の手間や不動産会社の営業時間の関係ですべての賃貸物件に出向くのが困難なのです…

禁止事項にも着目

賃貸借契約書にある禁止事項をチェック

賃貸を借りる際、禁止事項にまで細かく目を通さない人も中にはいるのではないでしょうか。その結果、知らず知らずの内にNG行為を行い、トラブルになることもありますので注意が必要です。禁止事項の詳細は物件によって多少の差異もあるのですが、例えばベランダでのバーベキューは禁止されていることが多いです。悪臭や騒音の発生源になったり、火災の危険があったりすることから集合住宅においては、やってはいけないNG行動に決められています。また、ベランダは共有部分でもあるため、基本的に個人の使用目的に用いることはできないのです。 ペット不可の物件で、ペット飼育を行うのも禁止行為です。バレなければ大丈夫と考え動物を飼うケースもあるようですが、これも禁止事項に記載されている場合がほとんどですので注意しましょう。その他、楽器の演奏や許可のない模様替えなどにも気を付けなければいけません。

もしNG行為を行った場合は

禁止事項に該当する行為を行った場合、何らかのペナルティを科せられることがあります。例えばバーベキューやペット飼育によって部屋を汚したり傷つけたりした時には、原状回復と違約金に関する損害賠償義務が生じることも考えられます。そして最悪の場合は強制退去を命じられ、住み続けることが叶わなくなることもあるでしょう。賃貸は借りているだけの部屋ですので、所定のルールはしっかりと守らなければならず、特に集合住宅ですと近隣の迷惑にもなりやすいため行動を慎む心掛けが必要不可欠です。 こうした無用なトラブルを回避するためにも、契約書類には隅々まで目を通すことが大切と言えます。もし疑問点がある場合にも都合の良い自己判断はせず、不動産会社へとあらかじめ確認を取っておくのが肝要です。

内見で確認しておくべきこと

賃貸では、実際に部屋を訪れてみる内見をした方が良いですが、内見時に確認すべきポイントいくつかあります。そのポイントをあらかじめ押さえておくと、良い賃貸かどうかの判断がスムーズにできるはずです。では、いったいどこに着目したら良いのか、重視すべきポイントを紹介していきます。

建物自体や部屋の中がきれいかどうか

賃貸物件は当然のことながら、築年数がかなり経つ建物もあります。それでも管理会社が手を入れてリフォームしていれば、比較的綺麗な状態で住むことができます。内見の際には、黒カビチェックを必ずしておきまし…

周囲の治安に問題がないか

賃貸の内見をする時には室内のことばかりに気を取られがちですが、周辺状況についても目を光らせるようにしましょう。例えば、女性が一人暮らしをする際には、2階以上の部屋が好まれる傾向があり、安心感も得ら…

安全に繋がる部分もしっかり確認

内見は、賃貸物件の実際の状況を確認できる絶好の機会です。賃貸と言えども住まいは生活の拠点となる空間ですから、この機会に部屋の片隅までチェックしておきたいものです。内見の際には図面やメジャー、筆記具…

Back to Top